母乳とミルクの狭間で苦しんだ1カ月

「かねこん家族ー365日の子育て」に来てくださってありがとうございます。
かねこせいるです。

「赤ちゃんが生まれて初めての授乳は幸せでいっぱいだった」なんてよく聞いてたから、タンポポ茶飲んで張り切っておっぱいマッサージもしてた。
けど現実はそんな甘いもんじゃなかったなと思い、母乳とミルクについてお話ししたいと思います。

 

母乳は出さえすればいいんだと思っていた

母乳を出すことが大変でマッサージをしているんだと思っていたけど、実際に出てても吸ってくれないから出なくなる一方でした。

子供はおちょぼ口で、口を大きく開くことができなかったので上手に飲むことができませんでした。

2日目から母子同室だったけどうまく飲めないために、お腹が空いて泣き止まず気がおかしくなりそうだった。ほとんど寝ないまま3日目を迎えた朝、黄疸と診断され再び子供と引き離されて、 仮死状態で生まれて今度は黄疸かと思ったら、再び涙があふれ、当時は気づかなかったけど産後鬱になっていたんだろうな…。

黄疸はよくあることで知り合いの子供も黄疸になっていて、大丈夫だというのは十分わかっていたのに誰にも会いたくなく、お風呂の入れ方の講習など、その日の予定はすべてキャンセルし、お祝いのお見舞いもすべて断った。こんなんになっちゃうんだって思ったほど。
先に子供を産んだ子も「黄疸は大丈夫なのに、泣き続けた」って聞いてて、そんなことあるのかなって思ってたけど、あるね、本当に自然と涙が出るの。

 

 

 とにかく子供との時間を大切にしたいと思った

その日は3時間おきに授乳に行くことだけに集中して、30分だけのわが子との時間を大切にした。

そのときに助産師から「授乳はいつもこんなに大変なの?」と聞かれ、最初はだれでも大変で子供の吸う力が強くなるまでは、必死にならないといけないんだと思っていた矢先のことだった。

もちろん吸う力が強くなるまでミルクと併用していくんだけど、子供に口を大きく開かせて、母乳を飲むように持っていくのが本当に大変だったんだよね。

助産師も、これでは飲めないかもしれないとペタッと貼る乳頭補助器を出してきた。そうすると口が大きく開かなくても奥まで入るので、びっくりするほどグビグビと飲み始めた!

 

 

ずっと母乳をあげ続けることの大変さを身に染みて感じた

退院後の授乳も乳頭補助器をつけて飲ませていたけど、夜はなかなか寝なかった。
母乳はすぐにお腹が空くと言うから仕方ないかと思っていたけど、1週間後検診で退院した時よりも体重が減っていたことにすごく驚いた!
あんなに必死に母乳をあげていたけど実際はほとんど飲めていなかったんだ…と。

ミルクを併用するように言われ、その日から母乳を与えた後にミルクを与えるという順に飲ませ始めた。すると体重がしっかり増えて一安心。

当分ミルクも飲ませることになったんだけど、子供にとって乳頭補助器がついた私の母乳よりもミルクの方が飲みやすく、途中から母乳拒否が始まった…。

そして、私もいつしからか乳頭補助器をつけることがすごく嫌になってしまって。
でも、世間では母乳をあげたほうがいいなんていう人が多く、私もそう思ってた。
すると私の母が「私はあんたたち3人の子供をミルクで育てたよ!子供が元気に育てばそれでいいじゃない」という言葉に押され、拒否され続けた母乳をきっぱりあきらめてミルクのみで育てることにした。

 

 

ミルクで育てるメリットとデメリットとは

ミルクにしてよかったと思った点は、お腹が満腹になるので昼も夜もよく寝てくれたこと。生後一か月で、夜はほとんど起きなかったことは皆に驚かれた~!

母乳は飲んだ分だけ作られるから3時間おきに必ずあげなければいけないけど、ミルクはそんなことはない。子供の体重が順調に増えていれば無理に起こす必要なんてないからね。

どれだけ飲んでいるのか一目でわかるようになり、母乳だったときの「飲んでいると思っていても体重が減っていた」ということが少ない。

逆に大変だったことはミルク代や出かけるときは哺乳瓶に固形のミルクと、さらにお湯も水筒に入れて持って行ったから、かなり重たかった~!

ミルク代に関しても母から「ミルクはあんたからもらってるわけじゃないからいいけど、母乳はそれなりにバランスの取れた食事をしないと子供に影響が出るよ!どっちにお金をかけるかじゃないの?」そんな風に言われたので、もう悩むのをやめた。

子供が生まれてから人に会うたび、「母乳?ミルク?」と必ず聞かれる。それしか聞くことはないのかと本当によく思う。なによりも世間の目は母乳をあげている人にはすごく褒めたりするけどミルクはそうでもないんだよね。

野生の動物は母乳が出なければ、ミルクなんてないから死ぬしかない。そう考えると母乳を飲ませることが自然なことだとも思うけど、私は人間だと思い直し子供に笑顔を見せられるなら人になんて言われようが、ミルクを飲ませて健康に育ててみせるとも思った。

結果、ミルクもあまり好きではなかったのか、ミルクの卒業はあっけなく終わり、今1歳超えたけど、大きな病気もせず離乳食もしっかり食べるよ!

母乳とミルクの狭間で悩み苦しんでいる人は結構いるんじゃないかと思ってる。
だけど母乳が出なかったり理由があって母乳をあげられなかったり、理由は様々だと思うけどミルクでもいいじゃない!!

よく寝てくれるし、自分の体もゆっくり休めることができるから睡眠不足でイライラして、子供に当たってしまうこともなくなる。私はそっちのほうが良いとさえも思う。

世間の目を気にするよりも子供の成長や幸せそうな顔を見るためには、どうしたらいいか考えたら答えは一つしかないよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です