苦い粉薬を100円ショップのスポイトですばやく飲ませたい!

「かねこん家族ー365日の子育て」に来てくださってありがとうございます。
かねこせいるです。

またもや娘が熱を出してしまい、薬を飲ませなくてはいけない日々が続きました。1カ月前も薬を飲ませるのに苦労したのですが…。
その時の記事です ↓↓↓

1歳7か月の娘に薬を飲ませることにすんごく苦労してしまいました~!

たったの1カ月でまた薬を飲ませなきゃいけないなんて…。

 

以前使用していた注射器が壊れた~!!

さて、薬を飲ませようかなと注射器(針はありません)を持って水を入れようと思ったら壊れました。「えっ!?どうしよ!!」この時は強引に口に流し込みましたが、これを毎日続けるのはとてもかわいそう!

家の近くに100円ショップがあるので買いに行きましたよ!スポイトを!
スポイトって文房具と一緒に置いてあるんですね!探してもなくて店員さんに聞きました。

100円で5本も入っていたのでこれは使える!と思いました。

 

 

粉薬が3種類。すばやく飲ませたい!

今回処方された薬は3種類の粉薬だったのですが、それぞれスポイトで取れる水で混ぜて再びスポイトで取りました。スポイトを3本使うと言うことですね!

粉が口の中に残ると苦くなってしまう場合があるので、4本目に水だけをスポイトで取ります。

そして、仰向けにして子供の手を自分の足の下に通して固定して、1本ずつ飲ませていきます。最後に水を口に入れて口をゆすぎながら飲ませます。

「えっ?自分で水やお茶を飲ませればいいじゃないの」って思われるかもしれませんが、娘は拒否ってしまうのです。お茶を飲まず、でも粉が口の中に残ってとっても苦く大絶叫!もう次は絶対に飲まないんだから!くらいの勢いです。

ならば、水もスポイトで口に入れてやればいいのかなと。するとお茶も自分で飲み、結構落ち着いています。薬を飲むのは嫌がりますがね…。

 

 

薬を上手に飲めたら、いっぱい褒めて、いっぱい抱きしめよう!

歯磨きの時も必ずしていますが、薬を飲んだ後もいっぱい褒めて、ぎゅーっと抱きしめます。「よく頑張って飲んだね!早く治そうね!」と。

「お母さんは私の事が嫌いで苦いものを飲ませているわけではないんだ」と思ってくれたらいいなと。

親なら子供が苦しんでいるのはとても辛いです。嫌がる薬を飲ませるのも辛いですが、これで早く治るのならパパッと飲ませて早く治す方がいいですよね。

 

 

子供のころの私を思い出しました

どうでもいい話かもしれませんが、私ってどうやって薬を飲んでいたのだろうと思いました。さすがに1歳のころは覚えてはいませんが、ある程度大きくなってからは粉を口に流し入れて水を飲むか、水に粉薬を混ぜて飲むかしていたな~と思いました。

熱いお茶で粉薬を飲むと苺の味がしたことはいまだに忘れません。薬を「おいしい!」と飲んでいたのですから。きっと今も子供が飲みやすいようになっている粉薬もあることでしょう。

1歳8か月の娘にはどれだけおいしく作られている薬でも泣きながら飲むとは思いますが…。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です