歯磨きはまず歯ブラシをおもちゃとして持たせよう

「かねこん家族ー365日の子育て」に来てくださってありがとうございます。
かねこせいるです。

今日は歯磨きについてですが、歯磨きを始めるタイミングやどうやって進めていったらいいのか結構考えちゃって、気が付いたら1歳でした。

子供の歯が生えてきたのは生後10か月と比較的ゆっくりめ。
最初はガーゼで口の中を拭くくらいだったけど、ものすごーく、すごく嫌がって大変でした。歯ブラシならいいのか?と歯ブラシ探し開始。

 

歯ブラシで悩んでたら子供が転んで歯を打ち出血

私が歯ブラシの購入にまず悩んだのは喉を突かないようにストッパーがついた、歯ブラシを買うか買わないかでした。
セットで売られていて、それがあるのを買った方がいいのか、知人の歯科衛生士に聞いたりして、随分長いこと悩みました。

買って使わなかったじゃもったいないからね…。

悩んでる矢先に、子供が転んで前歯を強く打ち出血するという事態が起き、打った歯が奥に引っ込んでしまった場合スタンバイしてる永久歯に影響が出てしまうという
心配があったので、歯医者で診てもらうことがありました。
結果、打った歯は奥に引っ込んでなかったから心配はいりませんでしたが…。皆様もお気を付けて…。

 

歯ブラシはまずおもちゃ感覚で渡そう!

歯科衛生士から「歯ブラシどうぞ!」ともらえた!
その歯ブラシは一般的なものでストッパーなんてついてないの。
「親が見ている範囲で、口に入れるおもちゃとして渡してあげてください」

とのこと。

ドキドキしながら歯ブラシを渡すと最初は手で歯ブラシの毛先を触るだけ~。

その後に、口に持っていき「こうやってシャカシャカしてね」と、私が磨きながら子供には子供が手に持っている歯ブラシを動かし磨かせ、そうしてるうちに自分で磨き始めた! それも、すっごく楽しそうに! 真似っこは楽しいんだよね!

もし、歯ブラシを持ったまま動こうとしたら、すぐに膝の上に座らせてあげれば問題ありません! まだ小さいころは自分できれいに磨くことよりも、歯ブラシを口に入れるということができるようになることが大切だよね。
ぬいぐるみを使って、シャカシャカして「~ちゃんもやる?」と誘ったりもしてる。

すると、あ~んって口開けてくれるようになってきたかな。

膝の上に寝かせて、手が来ないように足の下に入れてやってたけど嫌がるだけだったから、そのやり方はすぐやめました。
ところが私がぬいぐるみを膝に寝かせて歯磨きをしてあげてるふりをしていると、娘も寝転がって口を開けるようになってきました。
本当に時間がかかるけど、気長にそして毎日続ければいつかは自分で磨き、仕上げ磨きもさせてもらえるんではないかと思うようになってきました。
気長に気長に子供と一緒に歯磨きを楽しみながらやっていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です